NEXT ONE

使用するソフトウェア

当訓練では、コードの読み書きになれる、図画の描画ツールの仕組みを知り、操作に慣れることを主な目的として、使用するソフトウェアを決めています。

また、特定のソフトウェアの操作方法習得のみを目的としていないこと教室・自宅共に同じソフトウェアを使用することで学習の効率性を上げる目的から、フリーソフトを使用しています。

訓練で使用するソフトウェアは次のとおりです。

Adobe Brackets
HTML・CSS・JavaScriptなどのコードを入力するために使用する、テキストエディタ。
ウェブページを作るためにコードの入力を補助してくれたり、コードの表示をわかりやすくしてくれたりする機能が付いているため、ウェブページを制作する際に利用します。
ブラウザ
訓練では、Internet Explorer、Mozilla Firefox、Google Chromeを使用します。
主要3ブラウザで作成したサイトのチェックをします。
Firezilla
パソコンとウェブサーバーの間でファイル転送をするためのソフトウェアです。
GIMP
写真を始めとするビットマップ形式画像を制作・編集するフォトレタッチ・ペイントソフトウェアです。
Adobe Photoshopにも引けをとらない多機能性が魅力です。
Inkscape
イラストやロゴなどの画像を制作・編集する際に利用するベクター画像編集ソフトウェア(ドローソフト)です。
HTML5時代における次世代画像形式であるSVGを標準データとして扱い、読み書きが可能なソフトとして注目されています。
XAMPP
ウェブサーバーと同じような環境をパソコン内に作り出すソフトウェアです。PHPやデータベースを利用する際に使用します。
Libre Office
ワープロ・表計算・プレゼンテーション等々のオフィススウィート(ソフトウェア群)です。
Microsoft Office との互換性も高いです。主にジョブ・カードの作成に利用します。
シェアする
Facebook Twitter Google+
ホームへページの上へ